警備会社と契約しよう|大切な家族を守る手段

作業員

犯罪や災害の抑止に

警備員

契約だけでも効果はある

警備会社は様々な状況で泥棒や火災などの危機があった際に、人員を派遣してくれる防犯サービスです。ホームセキュリティからイベントの警備、交通整理などの依頼が多く、契約するだけでも十分な効果を発揮してくれます。例えばホームセキュリティでは依頼すると、様々な場所に防犯装置が取り付けられ、玄関にはガードマンが警備していることを示すステッカーが貼られます。ステッカーは泥棒に対しての威嚇効果があり、防犯装置が稼働することによって、空き巣狙いで家人の外出時に侵入するのも難しくなります。防犯対策として有効なガードマンは、ただ監視しているだけではなく、万が一の際には現場に駆けつけてくれます。警備会社が監視してくれるというだけで安心感がありますが、泥棒が家に侵入したのがわかるや待機所からガードマンが派遣され、状況を悪化させないよう泥棒を取り押さえるなど被害を最小限に食い止めてくれるのです。防犯対策は鍵を複数取り付けたり、割れにくいガラス窓を採用するなどいくつかありますが、ガードマンは防犯対策以上の効果を発揮できます。警備や監視をする時間は24時間でなくても良く、例えば家にいる間は何もせず、外出時のみを監視してもらうこともできます。特に泥棒はリスク回避のため空き巣狙いが多い傾向にあるため、仕事に出ている間だけ警備してもらうことでも犯罪防止に役立ちます。時間を制限することで料金も安くなるので、費用の問題で契約を見送っていた人も検討できる余地が十分にあります。